オンラインHDFについてご紹介します。

川端診療所:Tel 075-771-6298 川端鍼灸治療院:Tel 075-762-2101

HOME透析のご案内オンラインHDF
透析のご案内

オンラインHDF

オンラインHDFかつては、血液透析治療による延命は約10年といわれていました。
しかし、血液透析の技術が長足の進歩を遂げた今日、血液透析が必要となってから30年以上に渡って人生を楽しまれるという方も多くなってきました。その反面、長期に渡る血液透析によって起こる問題が表面化しているのも事実です。その問題を解決するために、最新技術であるオンラインHDF(血液濾過透析)は開発されました。川端診療所ではこのオンラインHDFを導入しています。

透析アミロイド症とオンラインHDF

長期に渡り透析治療を続けていると、患者様の体内に「β2ーマイクログロブリン」という物質が溜まり、アミロイドを形成して骨や関節などに沈着し神経を圧迫してしまいます。こ
のアミロイドは、関節炎やしびれ、関節痛などの原因となり、多くの透析患者様を悩ませていました。オンラインHDFは、この「β2ーマイクログロブリン」を効率よく除去し、透析アミロイド症の予防を実現する透析方法。
オンラインHDFでは極めて清浄な透析液を用いるため、エンドトキシンなどによる血液汚染も予防できる方法として注目を集めています。
さらに、この清浄な透析液の使用は、オンラインHDFだけでなく、通常の血液透析を受けられる際にも大きなメリットをもたらします。清浄な透析液を使うため、効率のよい透析を行えるHPM(高性能膜)を使用することが可能。これにより、透析患者様をこれまで悩ませてきた、貧血、脂質代謝異常、血圧低下を改善することができるのです。

しかしながら、このオンラインHDFにも欠点があります。
それは、保険では認められておらず、オンラインHDFの機材が普及していない点と、厳格な透析液管理が必要になるなど高い技術が必要とされる点です。当院では、透析液の清浄化、機材の設置はもとより、操作方法を熟知したスペシャリストが患者様を担当いたしますのでご安心ください。 

オンラインHDFとは?

オンラインHDFとは?オンラインHDFの最大の特長は、一回に行うことのできる置換液量が多いこと。
従来の血液濾過透析(HDF)に用いられる置換液量は、10リットルから12リットル程度が限界でしたが、オンラインHDFでは、最大60リットルもの置換が可能となります。置換液量が多いほど、透析の効果が高いといわれています。

オンラインHDFを受けるには?

当院ではオンラインHDFが可能な器械を11台所有し、透析治療を行っております。
11台という限られた台数のため、透析アミロイド症の患者様で症状の重い方に優先的に使用しています。
今後透析装置を増やし、多くの皆様にオンラインHDFをお受けいただける環境を作ってまいりますが、オンラインHDFをご希望される場合は、まず事前にお問い合わせください。

診療時間

以下のとおりです。

診療時間
午前
9:15〜14:30
 
午後 
15:00〜19:30
       
夜間 
17:00〜22:30
       

※ いずれも開始10分前に入室していただけます。入室前にあらかじめ、待合室の自動血圧計で血圧測定をしていただきます。
※日曜休診

透析のご案内
ページの上部へ

民医連 社団法人信和会 川端診療所 お問い合わせ HOME サイトマップ